栄養・運動・休養・呼吸・姿勢・老化・環境・自然

病気の要因は

病気の要因は

病気の要因には、からだをサビさせたり、細胞を汚したり、また過剰なストレス、冷やしすぎなどがあります。

からだをサビさせる原因

活性酸素

非常に強い酸化力(サビさせる力)を持った酸素のことです。

  • 内に入ってきた細菌やウイルスからからっだを守ってくれる働きがあります。
  • 多く発生しますと遺伝子を傷つけるなどして病気や老化の原因になります。
  • 体内に取り入れられた酸素の約2%が活性酸素になっています。

活性酸素の種類

  • スーパーオキシド
    • 比較的弱い活性酸素で酵素とビタミン類で分解することができます。
  • 過酸化水素
    • 酸化力は小さくて遺伝子を傷つけることはなのですが、きっかけがあれば強い酸化力を持つヒドロキシラジカルに変化してしまいます。
  • ヒドロキシラジカル
    • 活性酸素のうちで最も酸化力が強い。体内の細胞や遺伝子を傷つけてしまいます。
  • 一重項酸素
    • 紫外線を浴びると体内に発生します。
    • 肌の細胞や遺伝子を傷つけシミやシワの原因になります。

活性酸素が発生する原因は

  • 呼吸をし、酸素を吸収する度に約2%体内でつくり出されます。
  • 紫外線、排気ガス、電磁波、加工食品、残留農薬、殺虫剤、アルコール、タバコ、ストレス、薬、医薬品、レントゲン、激しいスポーツ、なども発生させます。

活性酸素を発生させやすい食品

  • 酸化した油(揚げ物・干物等の保存には気をつけよう)
  • インスタントラーメン
  • ポテトチップス
  • マーガリン
  • などが直射日光に当ったり古くなって酸化したものには特に注意が必要です。

活性酸素と病気の関係

  • 動脈硬化
  • 脳卒中
  • 心筋梗塞
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 肺炎

汚染の原因

大気汚染、水質汚染、食品添加物、農薬、殺虫剤、防腐剤、など

  • 化学物質に囲まれた環境に生活しています。

台所

気を付けてみると色々つかっているんですね!

  • 合成洗剤、ゴキブリ用殺虫剤、食器シート(防カビ剤、抗菌剤)、カーペット(防ダニ剤、家庭用殺虫剤、抗菌剤)、カーテン(防炎剤、抗菌剤)、家庭用殺虫剤(蚊、ハエ、等)

風呂

  • カビ取り、入浴剤、歯磨き、洗濯洗剤、消臭剤、防カビ剤、

室内

  • 防虫加工、防水スプレー、電気蚊取り、除湿剤、エアコン(防カビ剤、抗菌剤)壁紙(防カビ剤、防炎難燃剤、防ダニ)

外回り

  • 殺虫剤、除草剤、殺菌剤、シロアリ駆除剤、木材用防腐剤

安くて使いやすいので数多くの石油化学製品が開発され、住まいや身の回りに氾濫しています。


有害物質が体内に入ってくる!?

  • 私たちを取り囲むさまざまな物から有害物質が皮膚、呼吸、口などから体内に入り込んでいます

皮膚から

成分表示をよく確かめよう!

径皮毒ってなに?

  • 径皮毒は、日用品に含まれる化学物質が、皮膚から浸入し体の中で有害な作用を引き起こすことです。

皮膚バリアーが破壊される

  • 日用品に含まれる合成界面活性剤や溶解剤は、皮膚の角質層のバリアーを溶かし有害物質の侵入を許してしまいます。
  • 皮膚の細胞膜は主にリン脂質と呼ばれる脂質で構成されています。
    溶解剤によって一時的にと科された状態になり、化学物質が侵入しやすくなります。

呼吸から

径皮性吸収(吸入)ってなに?

  • 電子蚊取り、衣料用の防虫剤、乾燥剤、除湿剤、芳香剤、消臭剤、壁紙・塗料・・・知らないうちに有害物質を吸収しています
  • ダイオキシン、アスベスト、シックハウスなどその危険性が話題になっているように、呼吸による吸入は、命に関わる大変危険な侵入経路です。
  • タバコの煙には、約4、000種類の化学物質が含まれ、そのうち約40~60種類が発がん性物質なのです。
  • 知らず知らず吸いつづけてはいませんか。
  • 径皮吸収の複合的な危険性を考える必要があります。

口から

経口吸収ってなに?

  • 食物や医薬品を口から取り入れることを「経口吸収」と言います。
  • 五官は色や形、臭いなど安全かどうかを確かめます。口に入ったら味覚や食感でさらに安全性を確認します。仮に飲み込んでしまった場合でも異常や危険性があれば嘔吐したり下痢をするなどして防衛します。
  • それでも排泄できず消化器官から入ってしまった毒物は、肝臓に運ばれ、肝臓の代謝酵素の働きによって分解されます。
  • 肝臓は、代謝酵素の働きで有害物質を90%以上分解・解毒します。
    このようにして、有害な毒物を無害化してからだを守っているのです。
  • しかし、たとえ少量でも毎日繰り返して有害物質を口に入れていれば、化学物質が臓器や器官に蓄積されていきます
  • 特に臓器機能が未熟な新生児、乳幼児、肝機能の低下している人は注意が必要です。


ストレス

ストレスの正体はストレスホルモンの一つカテコールアミン

  • 強いストレスが加わると血液中にストレスホルモンが分泌されます。
    この物質が血管を収縮させます。
  • その結果血圧が上がったり、心拍数が増え、心臓に負担がかかることになます。
  • さらに、血小板をかたまらせてしまうことで、血液をドロドロにする原因ともなってしまいます。
  • ストレスが長く続くと、高血圧や動脈硬化を引き起こすと言われるのはこうしたカテコールアミンによるものです。

ストレスを味方にしてしまう!

  • ストレスは人生のスパイスであり、ストレスのまったくない生活を望むこと死を望むことと同じである」と言ったのはストレス学説の権威ハンス・セリエ博士です。


冷えの原因

冷たいものの摂りすぎ、冷房、ファッション

  • 冷えは万病の元といわれます。
    • 冷たいものの飲み過ぎや食べ過ぎ
    • 運動不足
    • 冷房による冷え
      さむい!
    • ファッション
    • ストレスから来る血行不良
    • 化学薬品の飲み過ぎ
    • 食べ物の変化(季節を無視した食品の摂取)

あなたも糖化が進んでいる!

  • 「糖化」は「酸化」よりも肌も身体も老化させます!
  • 「糖化」とは、私たちの体内にある大切なタンパク質と、食事によって摂取した「糖」とが結びつくことで、糖化したタンパク質が生成され、体内に蓄積してしまうことです。
  • 「糖化」が進んで行くと、肌を老化させるばかりか、糖尿病などの怖い病気に繋がることもあるのです。
  • 今、医学界では「酸化」よりも「糖化」のほうが美容と健康に大敵、ともいわれています。
  • シミ、シワ・たるみ・・老化のサインの元は、酸化だけではなかった!

当てはまる事はありませんか?

□ クッキーやケーキなど甘いものの間食が多い
□ 丼物が好き
□ バックやデスク周りにアメやお菓子がいつもある
□ ペットボトルの清涼飲料水をよく飲む
□ 甘辛い料理が好き

こんどはどれにしようかな?

□ ご飯や麺類などの主食をしっかり食べたい
□ 野菜や豆類が嫌い
□ ガマンできず夜食を食べることが多い
□ つい早食いしてしまう
□ 運動をほとんどしていない

  • 身体と肌の老化防止のためにも、又将来の病気予防のためにも、「抗糖化」に心がけた生活をすることが大切になってきます

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional