栄養・運動・休養・呼吸・姿勢・老化・環境・自然

環境

環境

家庭環境、社会環境、自然環境

  • 生活習慣の改善をするとき、自分のことが分かると改善しやすくなります。

家庭環境

  • 健康について考えるとき最初に家庭環境が考えられます。
  • 肉体的な面では親から受け継いだ遺伝的なものがあります。
  • 生活習慣のように生活する中で身につけたもの、食べ方、体の使い方、ものの考え方などです。

三つ子の魂百まで

わしそっくりじゃのう
  • 子供のころに身につけた習慣
    • 食習慣や生活習慣も同じで例えば、あっという間に食べてしまう方や、お風呂も烏の行水と言われるようにさっとでてしまう方など身に覚えはありませんか?
    • 子供の仕草、話し方があまりにも似ていて苦笑した経験はありませんか?
  • 言いにつけ悪いにつけ子は親を見て育ちます。(いいとおもうことはなかなかまねてくれませんが)


社会環境

  • 住んでいる地域や職場などの環境
  • 都心、郊外、田舎、山間部、海辺、など

仕事の環境

  • 立ち仕事の多い人、座ることの多い事務、よく歩く仕事、力仕事、パソコンをよく使う等の状態。
  • 騒音、冷えるところや逆に熱いところなど仕事をする場所や働く時間帯の違いから来る影響も考える必要があります。

自然環境

  • 自然環境の影響これらは日常的にさほど意識することありませんが大変重要です。
  • 寒暖の差、湿度が高い、寒さが厳しい,、風が強いなども考えることが大事です。
  • 太陽の光にあふれ、水が美味しくて空気がきれいなところ健康には欠かせない最も大切な条件だと思います。

目に見えないものの影響

  • 宇宙から来る電磁波、放射線、紫外線、重力、引力、太陽の黒点の変化、月の満ち欠け等と人工的な電磁波、騒音や悪臭等からも影響を受けています。
  • 私たちの体は、意識するしないにかかわらず様々な環境の変化や変動を感知してそれに対応をしていると言うことも事実です。
    こうした目に見えない影響に順応できるしなやかな体でありたいと思います。

  • こうした環境条件はひとりひとり違います同じ条件下でも体調によって年齢などのよって受ける影響力も違ってきますから健康管理の仕方も当然異なります。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional