栄養・運動・休養・呼吸・姿勢・老化・環境・自然

休養

休養

体と頭の切り替え

  • 体と頭の切り替えが積極的な休養につながります。
    頭を使ったら体を
    体を使ったら頭を使え
  • 頭が疲れすぎると何となくだらだらとテレビを見るともなく見ていたり、
    寐ても寝付けなかったりなど、そんなときは思い切って
    体を動かしてみるとスッキリしてきます。
    のんびりと休養

第一に大切な睡眠

  • 充分な睡眠は体の疲労回復と精神のリフレッシュに大切なことです。
  • 年齢や生活のリズムなどによって睡眠のとり方も違ってきます。
  • 理想的な睡眠を得ることが難しい社会環境になっているかもしれません。
  • そうした中で睡眠の質と量を確保する努力は欠かせません。

心の休養と体の休養

  • 心が感じるストレスと体が感じているストレスとがあります。
    どちらもそれぞれに影響しています。
  • 心が病めば体も病んできます。
  • 体が弱ってくると気も弱くなってくると言った経験はありませんか?
  • ストレスをうまく解消する方法を身につけることも健康管理には欠かせません。
  • それが心の休養や体の休養にもつながってきます。

ストレス解消法

  • 緊張を長く続けない工夫をする
  • 毎日の習慣に変化を持たせてみる
    • 通勤コースを換えてみる
    • 食べる場所を変えてみる
  • 好きなこと熱中出来ることをやってみる
    • 趣味のスポーツ
    • 好きな音楽、漫画など聞いたり読んだり
    • 音楽鑑賞や絵の鑑賞
  • 自分だけの時間を大切にする
    • ゆったりと温泉に入ってみる
    • 自然の中を散策する
    • 親しい友人と話してみる

健康づくりのための休養指針

             厚生労働省

生活のリズムを

  • 早めに気づこう、自分のストレスに
  • 睡眠は気持ち良う目覚めがバロメーター
  • 入浴で、体も心もリフレッシュ
  • 旅に出かけて、心の切り替えを
  • 休養と仕事のバランスで能率アップ

ゆとりある時間で実りある休養を

  • 1日30分、自分の時間を見つけよう
  • 行かそう休暇を、真の休養に
  • ゆとりの中に、楽しみや生きがいを
    友達と楽しく

生活の中にオアシスを

  • 身近な中にもいこいの大切さ
  • 食事空間にもバラエティを
  • 自然とふれあいで感じよう、健康の息吹を

出会いと絆で豊かな人生を

  • 見出そう、楽しく無理のない社会参加
  • 絆の中で育む、クリエイティブ・ライフ

休養チェック

健康状態を自己点検してみましょう。

  • 体や精神の疲れを取るために、休養を取ることが大切です。
  • 休養の仕方にも積極的な休養と消極的な休養がありどちらも大切です。

積極的休養

デスクワークなどで疲労した体を、軽い運動をすることで休ませる休養

  • 回復70~80%

消極的休養

  • 横たわるなどにより疲労を解消する休養法
  • 回復20~30%

積極的休養を取ると早く体が楽になる

  • 仕事をしていてちょっと疲労がたまったときの対処法は軽く運動をする
  • 休み時間に席を立ち歩いてみる精神的なストレスの解消も多く,リフレッシュ効果があります。

一緒にGO!

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional